• ヴィオラ

  • ヴァイオリン 販売

  • ヴァイオリン

  • Fine violins

  • チェロ

  • ヴァイオリン 鑑定

  • THE MOST PRESTIGIOUS VIOLINS IN TOKYO

  • ヴァイオリン 販売 ヴァイオリン 鑑定


    ルイス・カポラレとパコ・オチャンドは、共に音楽と楽器に共通の情熱を分かつ旧知の友です。長年に渡り様々な弦楽器の作成と演奏に携わるかたわら、楽器の取引にも携わってきた長年の経験を基に二人はこのたび“カポラレ&オチャンド・ファインヴァイオリン”を設立しました。 良質の弦楽器を提供することだけに止まらず、弾き手の性格や勘所により良く適した楽器をご紹介することをモットーとしています。高い技術を持つ職人に止まらず、ストラディヴァリウスからガルネリに至る最高の技術を持つ芸術家の手による弦楽器や弓を取り扱います。 毎月アメリカ、ヨーロッパ、アジアを歴訪し、数あまたの楽器商、楽器の所有者や収集家と直接連絡を重ねながらより完成度の高い良質な楽器の情報収集と入手に努めております。理想的な弦楽器の入手は、人脈と文化に精通するカポラレ&オチャンド・ファインヴァイオリンにお任せください。

    We, Louis Caporale and Paco Ochando are two very good friends with a shared passion for music and string instruments. After many years making, playing and dealing with string instruments, we united and created Caporale & Ochando fine violins. Being a violinmaker-dealer and a cellist-dealer, together with our many years experience in the world of string instruments, we do not just try to find the highest quality instruments but also the one that adapts better to the musician's character. We offer the highest quality instruments and bows, from the high quality student instruments to the finest examples of Stradivari and Guarneri. Monthly trips through America, Europa and Asia keep us in contact with many instrument owners, dealers and collectors all over the world. Let us help you find the instrument you dream of.

CAPORALE violins


"Music is a higher revelation than any philosophy" - L V Beethoven.

" Music is the true universal language - C.M von WEBER

LOUIS CAPORALE

ルイス・カポラレは、20年間に渡りヴァイオリンの製作に従事してきた熟練した職人であり、世界的に活動する楽器商であり、弦楽器の鑑定、認証、評価ではその実績は確立されている。 ルイスの過去におけるヨーロッパおよびアメリカなどの名だたるヴァイオリン製作者たちとの協力関係に加え、幅広い楽器収集能力が加わり、今やヴァイオリンの指導的な専門家として世界的な信頼を得ている。 イタリア系アメリカ人として米国に生まれたルイスは、3才の頃からヴァイオリンを習い始めた。ヴァイオリンの製作に興味を示し、ロイド・クンケルに師事して15才から本格的に修行を始めた。シカゴ・ヴァイオリン製作学校をチュウ・ホー・リーと共に修了後、1989年に東京に移住。さらにいくつかのヴァイオリン製作メーカーで働いた後、1991年念願のヴァイオリン製作会社を設立した。 ルイスは、トリノ派の伝統を継承した新しいヴァイオリン製作に携わり、その多くはアニバーレ・ファニョ―ラ製作の名器をモデルとしている。名人アニバーレ・ファニョ―ラに深く傾倒したルイスは、『アニバーレ・ファニョ―ラの名器』という著書を2004年に出版。今日この著書は楽器に関する大変貴重な文献となっている。 カポラレ&オチャンド代々木店ではバイオリン製作学校のマエストロを務めます。

For twenty years, Louis has been an accomplished violin-maker, a worldwide string instrument dealer and a renowned expert in identification, authentication and valuation of string instruments. His collaborations in the past years with top European and American violin experts, plus his close connections to the great instruments collections, have made Louis one of the leading violin experts in the world. Born in the United States, with Italian ancestors, Louis relationship with the violin began when he started playing the violin at the age of three. His interest in how violins are made brought him to start his violin-making career at the age of fifteen under the guidance of Lloyd Kunkle. After graduating from the Chicago School of Violin Making with Tschu Ho Lee, he moved in 1989 to Tokyo. After working for several firms, Louis established his own violin-making company in 1991. Louis makes new instruments after the tradition of the Turin school, most of which are modelled after the masterpieces of Annibale Fagnola. Because of his admiration for this master builder of violins, he wrote the book “Instruments of Annibale Fagnola”, which was published in 2004. This is an important book to have in any library on musical instruments .

OCHANDOwant to know us?


Music can change the world because it can change people. - P D Hewson

" “The vase gives form to the emptiness and music to silence.”. " - Richard Wagner

Paco Ochando

パコ・オチャンドの弦楽器に対する情熱は並々ならぬものがあり、プロのチェリストであると同時に、国際的に活動する楽器のディーラーでもある。 演奏者がディーラーを兼ねるためには、音楽家とは心を通わせ、ディーラーとは情報を通わせなければならない。これにより演奏者と楽器の相性を見い出すことが初めて可能になる。パコ・オチャンドは演奏者が求める琴線を探り、見つけ出す才能に長けた人物であり、新作の楽器から偉大なるストラディヴァリウスまでの幅広い豊富な情報を駆使して音楽家と楽器の適合に貢献してきた。 チェリストとしては、世界各地でソリストとして活躍する傍ら、数多くのオーケストラや指揮者と協演した豊かな経験を持つ。協演したオーケストラは、ロイヤル・コンセルトヘボー・オーケストラ。アムステルダム、オランダ国立バレーオーケストラ、マドリッド・オーケストラ、ヴァレンシア・シンフォニック・オーケストラ、など数あまたにのぼる。 協演した指揮者は、リカルド・シャイー、ヴァッシリ・シナイスキー、フランス・ブリュッヘン、ジョージ・リゲッティ、などが挙げられる。 パコ・オチャンドはスペインのヴァレンシアの生まれで、オランダ王立デン・ハーグ音楽大学の出身である。 日本では日本フィルにて演奏。国立音楽大学付属高校、熊本平成音楽大学にてチェロを教授。カポラレ&オチャンド代々木店ではチェロを教授

Passion is what describes Paco's relationship with string instruments. He is a professional cellist, as well as a worldwide musical instrument dealer. As a dealer, he enjoys communicating with both musicians and dealers. Trying to match musician with their true instrument, he has the talent to discover what the player's needs and likes are. He has united musicians with instruments all over the world, from a newly made instrument to the great Stradivarius. As a cellist he has toured all around the world as a soloist, as well as playing with many orchestras and conductors. Among the orchestras are: The Royal Concertgebouw Orchestra, Amsterdam; The National Ballet Orchestra of the Netherlands; The Madrid Orchestra; and, finally, The Valencia Symphonic Orchestra. He has worked with conductors such as Ricardo Chailly, Vassily Sinaisky, Frans Bruggen, and Georgy Ligeti, amongst others. Born in Valencia,Spain, Paco graduated from the Royal Conservatory of The Hague, the Netherlands.

Violins check out our image gallery?


You never break the silence, if it is not to improve it. - L V Betthoven

Pessenda 1830

foto1

foto2

foto3

foto4

Vuilluame J.B.

foto1

foto2

foto3

foto4

Rogieri W

foto1

foto2

foto3

foto4

Violin Makers check out our Workshop?


No basta con oír la Musica; además hay que verla. ― Igor Stravinsky

Violin Makers

Wood Working

Esto es un texto de ejemplo para rellenar. La mayoría de violines son hechos usualmente de picea y arce. La cubierta trasera, el aro, y el cuello están hechos de arce. La cubierta frontal, usualmente es hecha de picea. Necesitarás una cuña de madera de arce para la parte trasera, un block de arce para el cuello, varias tiras de laminado de arce para el aro, y una cuña de picea para la parte frontal. También necesitarás un ‘molde’ y otros bloques de picea más pequeños. (el molde es un bloque de madera curvado con la forma de un violín usado para darle forma al aro.)

Carving covers

Esto es un texto de ejemplo para rellenar..Saca los bloques y el aro del molde con un cincel o con un destornillador de cabeza plana. Usa una lima o una gubia para limar las partes de adentro de cada bloque para crear una curva lisa al igual que en la parte de adentro del aro. Vuelve a usar el curvador de madera o la plancha para doblar algunas piezas muy delgadas del enchapado de arce y pégalas con goma en la parte de adentro del aro. Esto es para crear un mayor apoyo estructural y para que las cubiertas tengan algo en qué sostenerse.

Paste and placement of units

Esto es un texto de ejemplo para rellenar. Necesitarás el alma del violín, la pieza de cola, el cordal, las clavijas, el puente, y las cuerdas. También necesitarás un arco para tocar el violín.

Contact need to write something to us?


“La música es mi vida y mi vida es la música. Quien no entienda esto, no es digno de Dios” - Wolfgang Amadeus Mozart

CONTACT US

VISIT US IN TOKYO